薄毛に悩むのは男性だけではない

薄毛に悩むのは男性という印象が強いと思います。

しかし薄毛に悩む女性は年々増加しており、一人で悩んでいる人も少なくありません。

しかし意を決し医療機関へ診察に出向く女性が、実はこの数年で3倍以上になっているというデータも出ているのが現実です。

このデータだけを見ても、年々薄毛に悩む女性が増えていることが実感できます。

昔は薄毛といえば男性というイメージでした。しかし女性の薄毛が増えているという結果から、女性の社会進出によりストレスを抱える女性が増えたと言えるかもしれません。

また、女性の社会進出によるものだけでなく、高齢化社会により介護をしなければならない人が増加している、その他現代ならではのストレスを感じている女性が多いということも言えるのではないでしょうか。

よってこのように女性の薄毛に悩む人が増加した結果、医療機関へ受診する女性も増加し、安心して女性が受診できる施設も整ってきているようです。

ですから最近ではあまり抵抗なく医療機関へ足を運べる女性が増えてきています。脱毛の原因として偏った食生活や過度のダイエット、ストレス、喫煙などが挙げられます。これは女性のみならず男女共通と言えます。しかし髪の毛を引っ張り、頭皮に刺激を与え過ぎることによって起こる牽引性脱毛症や妊娠・出産によって起こる脱毛症は女性ならではの脱毛症です。

このように意外にも女性は薄毛を引き起こす要素をたくさん持っているのです。

日頃から生活習慣に気をつけておけば予防することが可能な脱毛症も多くありますので、健康的な生活習慣を心がけることが大切と言えるでしょう。

男性の薄毛と女性の薄毛の違いは

男女共に薄毛に悩む人は多いかと思います。

しかし男性の薄毛と女性の薄毛、どのような点が違うのでしょうか。

脱毛症になるとなかなか改善できないのは、女性よりも男性だと言われています。

しかしそれは一体なぜなのでしょう。

薄毛は基本的に加齢と共に進行するものですが、男性は遺伝的なものが原因となる事が多いようです。

男性の場合は額の方から薄くなっていく人をよく見かけますよね。

加齢と共にだんだんと薄毛が広がり最終的には全体的に薄毛になっていく人が多いようです。

女性の場合は男性同様に遺伝的なケースもありますが、パーマやヘアカラー等により頭皮を痛める、過度のダイエットなどによるホルモンバランスの乱れなど、女性特有の原因も加わってきます。その結果髪の毛も細くなりますし、頭皮が透けてくる程の薄毛となってしまいます。

 

男性の場合は一度抜けてしまった髪の毛はなかなかすぐに生えてくることができません。

これは男性ホルモンが大きく影響している為です。

ですから男性は加齢と共につるつるとした頭皮になっている人が多いですね。

女性の場合は髪の毛が細く生えてくる髪の毛の本数が減少することはあっても、男性のように頭皮がつるつるになってしまう人はあまりいません。

それは女性ホルモンの力なのです。ですから女性と男性はホルモンの違いによって薄毛にも違いがあるということが言えるのです。

男性には男性に合った、女性には女性に合った方法でお手入れを行うように心がけ、薄毛を予防するようにしましょう。

 

フケと女性の薄毛の関連は

フケは誰でも経験したことがあると思います。

日常生活の中でも何気に頭が痒くなり、ぽりぽりと頭皮をかくこともあります。

同時にフケが落ちてきている事に気がつく時もあります。しかしそれは危険信号でもあります。
フケは頭皮から剥がれ落ちてくる角質です。

これはどんな時に頭皮から出てくるのでしょうか。フケの原因はいくつかあります。爪でゴシゴシとこすることによって頭皮を傷つける、パーマ液などによる頭皮への強い刺激、過度のストレスや疲労、頭皮への刺激の強すぎるシャンプーなどの使用、等他にもありますが主にこれらの事がフケの原因となります。

フケやフケに伴う痒みは薄毛の原因にもなりかねませんので甘く見てはいけません。
フケにも種類が分かれています。乾性のフケと脂性のフケです。
乾性のフケは皮脂の分泌が不足し乾いたフケになっているもの。
脂性のフケは皮脂の分泌が過剰になっているフケです。

特に脂性のフケは細菌への感染症や皮膚炎になる可能性もありますので早めに医師に相談する必要があります。
フケは女性の薄毛になる原因とも言えます。

フケと痒みを伴っている場合はそのまま放置しておくと頭皮を痛めてしまうことに繋がるのです。

ですからこのような症状が出た場合にはフケや痒みの原因を知り、対処することが重要です。
シャンプーに原因があると感じた場合には自分の頭皮に合ったシャンプーを使用する、もしくはシャンプーの回数が多いと感じた場合は回数を減らすなどの調整を行ってみましょう。
痒みが出ている間はヘアスプレーやカラーなど頭皮を刺激する事は控えるようにしましょう。
頭皮を刺激し過ぎないことを心がけ、それでも改善しない場合には医療機関へ行き、早めに医師に相談するようにしましょう。