女性の薄毛はストレスが関係する

女性の薄毛は年々増加してきていると言います。薄毛にはさまざまな原因があるといわれています。中でもストレスと薄毛は大きく関連があるように思われています。

ストレスと薄毛は一体どのような関係性があるのでしょうか。ストレスを抱えることによって頭皮にさまざまな影響を与えるようです。まず、血行が悪くなると言われています。ストレスを抱えてしまうと自律神経に影響を及ぼしてしまいます。これによって血流が悪くなり、その為に毛が生えようとする力はだんだん弱くなってきてしまいます。ですから血行が悪いと薄毛の原因となるのです。

次にストレスによって起こる不眠です。ストレスや緊張を抱えてしまうと神経が高ぶり眠れなくなってしまうという経験をした人もいるかもしれません。自律神経に影響しますので眠れなくなってしまい不眠症になる場合もあります。人は寝ている間に成長する毛髪は成長していくので、不眠症になってしまうとその成長を妨げてしまうことになります。

他にもストレスによって胃を悪くしてしまう人もいます。胃痛や吐き気を伴う人もいます。このように内臓にまで悪影響を及ぼしてしまうと栄養分を充分に吸収できなくなってしまいますので頭皮へ栄養を運ぶ事が困難になるのです。頭皮に栄養が行き届かなければ髪の毛も弱々しくなり、毛も抜けてしまいます。ですからストレスによって内臓を悪くすると薄毛の原因になってしまうのです。

他にも人間の体はストレスによってさまざまな事が起こり、薄毛に大きな影響を与えてしまいます。ですから日々の生活の中で気分転換や趣味などを見つけ、上手に気分をリフレッシュしていくことが大切です。

なるべくストレスのない日常を送れるように日々心がけましょう。

コメントを残す