女性の薄毛は妊娠と出産が関係する

女性の薄毛はさまざまな原因があると言われていますが、その中の一つに妊娠と出産があります。妊娠中又は出産後、授乳の時期などに髪の毛がたくさん抜けてしまって驚いたという経験がある女性も多くいるのではないでしょうか。

妊娠はホルモンのバランスも乱れますし、栄養も赤ちゃんへ流れていきますので、お母さんの体のバランスは心身共に乱れ易くなってしまいます。

ホルモンのバランスは女性の薄毛に影響を与えます。特に出産後2ヶ月くらいから抜け毛の量が増加していきます。あまりにも抜け毛の量が多くて、何かの病気になっているのではないかと心配する人もいる程です。しかし妊娠、出産が影響する女性の薄毛は一時的なものです。そう長くは続きません。だんだん抜け毛は減少していきますので1年も経てば治るのがほとんどの様です。しかし高齢で出産された方の場合はどうしても産後の体の状態が元に戻るまで時間がかかってしまう傾向があります。ですから抜け毛が治ってくるまでは個人差もありますので、あまり悩み過ぎないようにし、ストレスを抱えないようにする事も大切です。

抜け毛をストレスにしてしまうと更に回復を遅らせてしまいます。

薄毛の原因はストレスとも言われているのです。ですから産後は抜け毛が多くても出来るだけ悩まずにバランスの摂れた食生活を送り、ゆったりとした気持ちを持って規則正しい生活を送るように心がけるようにしましょう。

赤ちゃんのお世話で睡眠時間が取れない時は上手に工夫しながら睡眠時間を確保し、ストレスのない日々を遅れるようにしましょう。

コメントを残す